保温できる弁当箱

楽しみなお昼

保温できるタイプの物を使ったバリエーション豊かなお弁当

最近では、様々な保温タイプの弁当箱が増えてきました。
従来の温かいご飯と味噌汁とおかずを入れる保温タイプだけではなく、スープを入れて持って行くことに特化した弁当箱が出てきて、レシピ集も多数出版される程の人気になっています。
沸騰させただし汁のなかに、皮むき器で薄く切った人参、じゃが芋等の根菜類、ミックスビーンズの水煮、ピーマンやトマト、ベーコンのみじん切り等を入れておくだけで、食べる頃には調度良い柔らかさになる手間いらずのスープもでき、弁当を作る時間や手間を短縮できます。
その中に洗ってざるに上げて水気を切ったご飯を入れておけば雑炊風にもなり、野菜と主食の両方が取れるので、栄養価も良くなります。
また、保温タイプでも、上下に間仕切りがある物もありますので、下の段にご飯を詰めて、上の段にカレーを入れてカレーライスを食べることもできます。
シチューと溶けるタイプのチーズを入れればドリア風に、ご飯の代わりに茹でたマカロニ等のショートパスタを入れておけば、グラタン風になります。
出先にも温かいごはんやおかずを持っていけるようになり、メニューの幅が広がっています。

進化した保温できるお弁当箱

保温機能がついたお弁当箱は昔からお父さん達に愛されてきました。
いわゆるランチジャータイプのものです。
ご飯、おかず、スープの容器がついていて温もりをそのままキープできるというものです。
このランチジャータイプのお弁当箱とは違い、ご飯の容器だけに温める機能がついているものもあります。
おかずは菌の繁殖が気になるという方はご飯だけが温めることができるこちらのタイプを使うことができます。
これらとは違い、スープジャーといってスープを高い密閉力で6時間ほど温めることができるものもよく売られています。
スープジャーは、出来たてのスープをそのままの温度で保つことができますが、それ以外に具やパスタ、調味料を入れ、熱湯を注ぐとスープパスタができたり、具やご飯、調味料を入れてリゾットなどもできます。
やり方としては、朝、容器に具材などを入れ、お昼に容器を開けたら温かいパスタやリゾットができているのです。
このように保温機能がついたお弁当箱はどんどん進化していますので、とても便利な商品です。

『弁当 保温』 最新ツイート

@youtubetv18512

ヒルナンデスで放送したAmazon人気ランキングTHERMOS 保温弁当箱 約0.8合 マットブラック DBQ-362 MTBK THERMOS...#アマゾンポチ と入れて@返信でカートに追加・後で買う https://t.co/CegjeuzJuL ##副業

1時間前 - 2018年08月20日


@neko_oyabun

牛肉(もちろん半額)の残りでパンに合うおかずこさえて保温弁当箱に入れてから寝るべし。しからば朝にはパンを焼くばかりである。

3時間前 - 2018年08月20日


@AM_Shaggai

@nekoko0526 うおお羨ましいです!3歳くらいまではいいやって思って夕方にちゃちゃっとできるものばかりにしてます😇 慣れさせないとって言われても寝て欲しいから静かにしちゃうんですよね〜、旦那さんの冬の夕飯は保温機能付き弁当箱です……

3時間前 - 2018年08月20日


おすすめWEBサイト 5選

2015/6/17 更新

COPYRIGHT(C) 楽しみなお昼 ALL RIGHT RESERVED